マダイイラスト

喰わせマダイ(コマセマダイ)でマダイをGET!

古来から、色形が美しく、食味もよい上に、名前が「めでたい」に通じることから、古くから祝時に欠かせない魚として、魚の王様とも称される『マダイ』。

ひとつテンヤ、タイラバ、コマセマダイと多彩な釣り方で狙うことが出来ますが、孝太郎丸では『喰わせマダイ(コマセマダイ)』という腰越では当船だけの釣法で皆様にチャレンジして頂けます。

マダイ

『喰わせマダイ』の釣り方は、
基本はコマセマダイ釣りのやり方と同じ!

コマセマダイ釣法(喰わせマダイ)とは?

寄せエサ(=コマセ)をコマセカゴに詰め、針に付けエサとしてオキアミを使う。警戒心が強く上から落ちてくるものに興味を示すマダイは、コマセカゴからこぼれたコマセの煙幕によって活性が上がり、ハリに付いたオキアミを食べにきます。

コマセマダイで使う仕掛けは長いためハリスの扱いには慣れが必要ですが、仕掛けの投入法などはきちんとレクチャーをするので、釣りが初めての方やマダイ釣りデビューをしたい方でも問題なし。水中のコマセの煙幕内にこの長いハリスが溶け込みことをイメージして釣るのは面白いですよ!

釣果への第一歩!
指示ダナをしっかり守る

釣果に一番関係してくる『タナ』。タナとは、魚のいる場所(深さ)、つまりマダイなどの魚の群れが固まって泳いでいる層のことです。この深さの層を狙って仕掛けを落とします。

このタナへ船に乗っている全員が同じようにコマセ(エサ)をまくと、より効果的に釣果へ繋がります。逆にこの『タナ』を間違えてしまうと、魚の群れを散らしてしまうことや、狙っていない魚を呼び寄せてしまうなど、自分だけではなく船全体へ影響を及ぼしてしまいます。そこで船長がこの指示ダナを指示します。

針へエサ(オキアミ)の付け方

針へエサ(オキアミ)の付け方
  1. 1オキアミの尾羽根(尻尾)をカット。
  2. 2尾羽根(尻尾)をカットした(なるべく背側)ところからハリ先を通す。
  3. 3以下の写真右側のように、オキアミが真っ直ぐとなるように指す。

コマセカゴへコマセを
詰めるポイント

コマセ

コマセは、カゴの7~8割くらいを目安にパンパンキューギューになるようには詰めないことがポイントです。沢山コマセを詰め込むと肝心のコマセがカゴの穴から放出されません。

海中でコマセがフワッ、ポロッと出ているイメージするようにしてください。

仕掛の回収は5分を目安に

置きザオにして5分アタリが出ない場合、仕掛けの回収をしてみてください。針にエサのオキアミがついているか、コマセカゴにコマセが残っているかをチェックしてみてください。この時カゴの中にわずかにコマセが残っているくらいが、カゴの窓の開け具合やシャクリも調整できているサインです。

この手返し(仕掛けを回収してから、再び仕掛けを投入するまでの一連の動作)が釣果へは重要です。

CONTACT US

ご予約・お問い合わせはこちらまで

お電話でのご予約・お問い合せ

0467-31-1344

電話受付:5:00~20:00 定休日:第1,3木曜日・第2日曜日(7月のみ)

LINEやってます!

孝太郎丸の公式LINEページでは、最新の釣果情報や、LINE限定のクーポン等を配信しています!

友だち追加

  • ご予約・お問い合わせはこちらまで

    0467-31-1344

  • 急ぎまたは上記の番号につながらない場合はこちらまで(船長直通)

    090-3691-6032

電話受付
5:00~20:00
定休日
第1,3木曜日・第2日曜日(7月のみ)

CLOSE

CLOSE